ブリヂストンゴルフガーデンTOKYO

スタッフブログ

匠が斬る!其の九十二 プロライセンスカード

2022/03/25

皆さんこんにちは! 花粉症が絶好調の田原です。

もー、、、、嫌になっちゃいますね。。。。
早く終わる事を願うばかりです。

さて今回の話題は『ライセンスカード』です。
先日Yahooの記事に『プロ価格は存在する?』という記事がありました。
その中に「うん??????????」というところが有ったのでブログにしてみようと思いました。

まず最初に。
ライセンスカードは↓
IMG_E7471.JPG
こんな感じです。
ライセンスカードはYahooにも出てなかったかな。
悪用禁止ですよw
といっても毎年カードの色が変更になりますし、カード現物が無いとゴルフ場で使用できません。

私が所持しているのはPGA A級ティーチングプロ資格。
ティーチングにはA級B級とあります。
では何が違うのか?
勉強する時間が全く違います。あとかかる費用も。。。。。。

まずB級を取得するには
実技試験
口頭試験(暗唱問題)
実地試験
等があり
実技試験から取得まで約2年くらいかかったと思います。
この中で1番大変なのは(私の中で)口頭試験。
PGAの教本を基本丸暗記する必要があります。
実技を通過する技術が有っても、本気で勉強をする気が無い人はここで大体脱落します。
そのくらい大変。。。。
そのあとも地方での研修(私は静岡が多かった)が年に確か・・・4~5回だったかな?
1回あたり確か5日間、朝から晩まで研修とテストが行われます。
同じ班にはシンガポールから来ている日本人の方もいました、旅費が・・・・っていつも言ってましたね(笑)
実技試験と研修期間を含めると約1年半くらい掛けやっとB級が取得できます。
ちなみにここまでの費用は・・・
うーん。。。

ざっと120万くらいかな?

研修費・移動宿泊費・プロ協会入会金などを含めると大体この位だったと思います。

最後に授与式のようなものが行われ晴れてPGA会員になります。
しかししかしその先にA級があるんです。
更に1年間研修を重ねます!
北海道や宮崎フェニックスでの研修があり1年間深く深く学ぶことに。

どんな事研修で行うの?ですよね。
例えば・・・
ゴルフ場のフェアーウエイでめんこ。(はぁ????)
ゴルフ場のフェアーウエイでフリスビー(はぁ???????)
ゴルフ場のフェアーウエイでキャッチボール(はぁぁぁ?????)
なんてことを外部の超有名な講師がスイングのメカニズムや身体の仕組み等を講義してくれます。
受講している時ははっきり言って「安いなこれ」と思うくらい有名な方達です。
他にはつま先の向きを変えるだけで約20種類くらい打ち比べ検証。
スタンスの向きを変えるだけで10種類くらい打ち比べ検証。
両方組み合わせてスイングを行い検証。
すると日没。。。。
みたいな感じだったりします。

最終日は全員でラウンドしますがフェニックスでは確か・・・1位だったような気がします。
(うん?2位だったかな?????北海道が1位だったかな??)

そんな研修を1年続け最後の研修ではA級ティーチングプロの中のレッスンアワードがあります。
その年のA級研修を行ったプロたちの中で最優秀のティーチングプロを選ぶわけです。
全体で何人くらいいたかな???
確か70人くらいだったと思います。(はっきりしていません)
まずは班の中でレッスンを発表しその班の指導員が班代表を決めます(確か)
その班毎の代表が全員の前でレッスンのパフォーマンスを行い、全指導員の投票でその年の最優秀者を決めます。
で私は
IMG_7473.JPG
最優秀賞受賞!(ドヤ)
全PGAティーチングプロのレッスンアワードもあるのでこちらは「ミニ」になるのですが
この賞は毎年チャンスがある訳では無いので嬉しかったです。
※別日にもう1グループ70人くらいがあったと思うので正確には2名だと思います。

といった感じで私はPGAのA級資格を持っています。(長かった。。。。)
あとはプロテストを受け通過したプレーヤーがPGA会員になることが出来ます。
このテストは昔2回ほど受験しましたが落ちてしまい、その後レギュラーツアーに出る機会に恵まれ
JGTOの資格で試合には出ていました←(JGTOについてはまたの機会に)

で!!!!
本題に戻ります。

その記事では『レギュラーツアーでトーナメントし出場する選手はプレーフィーはかからない』という事。
うーん、私が出ていた時は掛かっていたような気がしますが。。。。
キャディーは帯同キャディーなどいないのでゴルフ場が用意する学生ちゃんの男の子。
練習ラウンドからお願いし予選落ちしても3日から4日間のプレー代。
予選通過するとさらに2日間。
食事もするし大体10万くらいかかったと思います。
※ちなみにツアーでは1試合30万強はかかり、全試合出ると年間1千万くらい経費が掛かるんです。

ですが確かにかからなかったゴルフ場もありました、それもキャディーフィーもかからず、
清算時に500円です~って言われ「え?」っとなったことも。
売店代だけです~だってw
ジョージア東海クラシックが行われる名古屋の名門、三好カントリーはそうでした。

あと、2部ツアーのチャレンジツアーでもプレーフィーは掛かっていました。

普段ラウンドするゴルフ場では大体3,000円くらいからそのゴルフ場のメンバーフィーくらい。
しかも基本全世界で使えます!!!!
各国でPGAがあるのでどの国に言っても割引されます。
長い時間を使い勉強するまたは、多くの時間を練習に費やし会員になると全世界のゴルフ場のメンバーになれるという事です。

うーん!魅力的!!!と思う方は是非どうぞw

言っておきますがかなり勉強しますよw
少しだけ↓紹介
IMG_7476.JPG

IMG_7474.JPG

IMG_7475.JPG

ほんの一部です。。。
私はかなり楽しかったですが興味がない方は苦痛でしかないと思います。
レポート提出もあり15講義くらいで提出。
判定が低いと再提出!

こんな感じで結構専門的な講義がずーっと続きます。
ふざけてやってみよう感覚の人はどんどん脱落して行きまよ!
逆にA級では希望した人しか来ないので逆に真剣な人しかいないですw

ちなみに年会費は四万五千円くらいだったかな?
結構お高め!
あ!そうそう簡単には受験できませんでした。
受験資格はPGA会員の推薦が必要。。。。

といった感じが日本プロゴルフ協会の資格でした。


いかがでしたでしょうか、ライセンスカードやプロのプレーフィーについては知らない方も多かったと思います。
試合出るのにお金が必要なプロスポーツって「ゴルフ」くらいでしょうか。。。。

その厳しい中を勝ち進んでいる選手たちは凄い事ですね!!
今年もブリヂストン契約選手を皆さんの応援で盛り上げてください!!


応援よろしくお願いいします!!!



つづく

ブリヂストンゴルフガーデンTOKYO

住所
東京都千代田区丸の内1丁目6番1号
丸の内センタービルディング 1階
TEL
03-5218-1011 03-5218-1011
受付対応時間 営業時間中
定休日
日曜、第1月曜、祝日
営業時間
月〜金 10:00~21:00
土 10:00~18:00