ブリヂストンゴルフガーデンTOKYO

スタッフブログ

匠が斬る!其の九十 どのクラブを練習するのか

2022/02/18

皆さんこんにちは!
ブログも90回になりましたね!!
(斬るの前から含めると100回超えました!!)
最近はカーリング女子に夢中の田原です。

カーリング(球を)曲げて、目標に置く(カップに入れる)のがゴルフと似ていて面白いですね。
これを4人で協力するところがゴルフにはなく面白い!!
最初にカーリングを滑らせた選手が多少ミスしてもスキップする2人がカバーできる!!
これはゴルフも同じ!!で今回の話題です。


皆さんは練習場ではどんなルーティンで練習するでしょうか、またどのクラブで何球くらい打ちますか?
私は練習の7割以上はアプローチまたは100y以内のショットなのですが皆さんはどうでしょうか。

ではなぜアプローチなのか?
私の生徒さんは(個室で行うプログラム制のレッスンでは)多くの時間をアプローチに費やします。
というか16回のレッスンでほぼアプローチで終わる方もいたりします。
つまんないじゃん!って思う方もいるかもしれませんが上達の方法を突き詰めていくとこうなってしまう事が多いんです。
早い人ではアプローチの練習8回目くらいでベストスコア出る方もいます、それも90を切りたい!!!という感じの、中級者の方などです。

ゴルフってカップに近づけば近づくほどに精度が必要になってきますね(カップに入れる必要があるためですね)
そして最後のショットに近づくほどミスが許されず、または逆にミスを挽回できるチャンスになります!
生徒さんにはよくこう説明します。
・ドライバーはFWに行けば最高!ラフでOK バンカーでもOK 池やOB、1ペナにはならない様にだけ注意
・セカンドショットでは、グリーンに乗れば最高。グリーン近くに良ければOK、OBや池だけ入らない様に。
後は《アプローチ・またはアプローチショットが2パットで行ける距離につければOK、1パット圏内に入れれば最高》という事です。

ゴルフはメンタルのスポーツって言いますが以下の2つを考えて見ます。
苦しい考え方として
1Wスライスで右ラフだとしたら
何でラフはいるの??ツイてない。。。。
ですが説明した考え方だと
次打てるところにあればいいや。です。

セカンドショットでは
ラフで最悪・・・乗せられないかも??でけど絶対乗せてやる!!!!!
と力むwでミス。
でまたイライラしたり考えたりする。
でも説明したメンタルでは
うーん、ラフだから簡単じゃないね。近く行けばいいや。
で難しく考えない。
で乗らなくても「近くに行けばいい」と思ってるのでメンタルはダメージ無い。

その後アプローチ
寄せないといけない!!!絶対に寄せる!!と考えるのですが、ここまで来るところでメンタルやられ使ってるので上手く打てない。
反対に楽な気持ちでここまで来た人はメンタルを消費していないので難しくならない。
です。
この私からすると「疲れる・イライラする状況を自分で作ってると上手くいかない」という事です。
ですがこの両者、最後にアプローチがピタリとくるとパーで終われるのでお互い
「あーー~~良かった」で次に進みます。
ですがこれが18ホール続いたらどちらがキツイでしょうか。
※この考え方は85のスコアまでと考えて教えています。が、私はいつも大体この考えで回っています(試合以外では特に)

なんかメンタルの話になってきましたが・・・←今回の話題と違う。。

要するに1Wのミスはセカンドショットで、セカンドショットのミスはアプローチで補えるという事です。
よーーーく考えてくださいw
皆さんアプローチ上手ですか???
大体のミスがアプローチで取り戻れるんです!!!!

なのでアプローチの練習が多くなるのが理由の1つ目
↑まだあるの???

2つ目は
「ショットの理屈や修正ポイントその時のチェックポイントが解る」
という事です。
ヘッドの軌道とフェース向きの組み合わせで球筋が変わりコントロールできる。とPGAの教本の最初
「球筋のコントロール」で出てきます。
20yでカップに向かって飛ばすには
・フェース面のコントロール(感じる事ができるか)
・振り幅のコントトロール(距離をコントロールできるか)
・ヘッドの動きのコントロール(主に方向と高さ)
※スピンコントロールはこの3つによって変わりますが、まずは余計なスピンをかけない事で練習します。
の3つを同時にコントロールする必要があります。
でもこれって難しいんです。
練習していないと3つのコントロールは狂い始めるんです。
でもこれが出来ていればゴルフに必要な要素は大体掴めるはずです。


練習場で20yの看板に何回も当たるくらいの精度を作れたら、ティーショット・セカンドショットでのミスは全て帳消しにできます。
人より飛ぶ飛距離がどうしても必要ですか?
必要ですね!!!ただし7,000y超える状況なら。。。。。。
6,500yくらいまでのゴルフ場なら220y男性で飛べば十分85を切れます。
280y飛ばすより50yが毎回1ピンに飛ぶ方が絶対に良いスコアで回れます!

うーん。。。話が随分とそれましたね(いつも通り)
言いたいのはアプローチを制する者は良いスコアになる!!!という事。
(パターはどこいった???そこから3パットしたら意味無いじゃんw)
もちろん最後の最後「パター」は重要です!!!

先日久しぶりに行ったアウトドアでの練習場では皆さんビシバシドライバーで打ってました。
アプローチやる方あまりいませんね。。。
せっかくのアウトドアの練習場で30y、50y、100y、150yのグリーンがあるのですから乗せる練習しましょう。
逆にインドアでは球の飛んでるスピードや速さを感じ取れないので←コレ重要です、上達のポイント!
ある程度距離を出す練習でも良いと思います。
ですがやっぱりアプローチの練習が重要かな。。

私の練習のイメージは・・・(東京店の練習では)
70%アプローチ(20y30y50y60y80y100y)25%アイアン(9アイアン6アイアン)5%ドライバー
です。
ちゃんと練習するときはこのルーチンで約130球くらい1時間くらい。
試合前で長く練習するときはこれを2セット←お店ではしません。
ショットとショットの間に素振りが多く含まれます!!!!!
ほとんどドライバーは打ちませんし、試合でもまあ曲がって行きますw
でもあまり出なくなった試合でも予選落ちあまりしないんです。だってミス出てもアプローチで取り戻せるのでw
↑(うわ、嫌な言い方。。。。予選落ちるくせに。。。)
7,000yで68以下を出すにはある程度の飛距離とミドルアイアンのピンに飛ぶ精度が必要ですが通常ではあまり必要になりません。

初級者~中級者の皆さん、飛距離はある程度勝手についてきます。
飛ばないとしたら「早く振れないから」ではなくほとんどがちゃんと当たってないからです。
それはアプローチが上手くなると理屈が解ってきます!!!

ショットの練習は普段ほぼしないのですが、アプローチはレッスンの合間に、いつも行っています。(20球くらいかな)
これで簡単な調整は出来るのですが、ここ数日ちょっとアプローチの練習が出来ていません。←色々あり・・・・

暖かくなってくると、私もラウンドの機会が増えてくる?と思うので来週はしっかりアプローチの練習をしたいと思います。

注意)飛ばすのもゴルフの醍醐味で楽しさです!!! スコア縮める事を前提としています。


つづく

ブリヂストンゴルフガーデンTOKYO

住所
東京都千代田区丸の内1丁目6番1号
丸の内センタービルディング 1階
TEL
03-5218-1011 03-5218-1011
受付対応時間 営業時間中
定休日
日曜、第1月曜、祝日
営業時間
月〜金 10:00~21:00
土 10:00~18:00