実戦力ありきだからより信頼できる圧倒的な“軽さ”NEW ゼロ・スパイク バイター ライト 実戦力ありきだからより信頼できる圧倒的な“軽さ”NEW ゼロ・スパイク バイター ライト

NEW ゼロ・スパイク バイター ライト

ブリヂストンゴルフの専売特許とさえ言える
超軽量型スパイクレスシューズの最新モデルが登場だ。
それは紛れもなくブリヂストンゴルフ史上で最軽量を誇り、
かつ従来モデルでフィードバックした課題を克服した
実戦力ありきのNEW「ゼロ・スパイク バイター ライト」である。
撮影=田中宏幸

年間販売数量シェア1位
超軽量シューズを浸透させた
ゼロ・スパイク バイター ライト

※2019年矢野経済研究所調べ

今夏、さらに進化した最新軽量シューズが発売されるとメーカーからアナウンスを受けた時、2年前の記憶が蘇った。当時、『史上最軽量』の「ゼロ・スパイク バイターライト(19年)」は手に持って明らかな違いがわかる軽さ、試履した時の圧倒的な軽快さ、そして買いやすい価格帯(15000円前後・編集部調べ)に衝動即買いをした経験が筆者にはある。店頭でも“軽さ”で存在感が光った19年発売の前作は、その年のゴルフシューズを牽引するヒット商品となった。

その軽さはパフォーマンスにも優れていた。私も初経験だった足と一体化したような軽快さは18ホール終了後の疲労感に違いが現れた。そして少し心配していたショット時のグリップ力もソフトスパイクシューズと遜色なし。メーカーがずっと啓発を続けるソールのブリヂストンタイヤテクノロジーの凄みを体感できた。高機能をさらに印象付けたのは2019年年間販売数量シェア1位が示すように、この軽快さとグリップ力が幅広いゴルファーに受け入れられ、ブリヂストンの軽量シューズの存在感と信頼を確固たるものにしたのだった。

NEW ZSP-BITER LIGHT TECHNOLOGY NEW ZSP-BITER LIGHT TECHNOLOGY

BSテクノロジーに搭載される「KaRVO」

信頼のグリップ力
ブリヂストンのタイヤテクノロジーに
搭載されるKaRVOTM(カルヴォ)

BSテクノロジーに搭載される「KaRVO」

ブリヂストンのタイヤテクノロジーを応用して生み出されるソールは、スイング時の接地圧解析によって実現できる高グリップ力を誇るが、スイングや歩行時の動作をサポートするのは、ミッドソール部に内蔵された屈曲性・反発性に優れた超軽量素材「KaRVOTM」が担っている。

さらなる軽量化とソフトな履き心地、そして高い防水機能

前作から素材を見直すことで片足約10gもの軽量化を実現。さらに履きやすさを追求し、タン部分を二層構造に、かかと部分のクッション材を増量。前作ユーザーはわかりやすい快適な履き心地と軽さと体感できる。もちろん防水基準もクリアし、雨・朝露の中でも快適プレーをサポートする。

新「ゼロ・スパイク バイター ライト」は
さらに約10gも軽量化し
履きやすさも向上!

大きな期待を担い新登場したNEW 「ゼロ・スパイク バイターライト」はヒットした前モデルユーザーに実施した履き心地の徹底調査をフィードバック。一部のゴルファーが感じていた微細な履き心地の硬さを克服する『さらに軽く、もっと履きやすく』を徹底的に追求した。

重量は前作より片足約10グラムの軽量化に成功。履き口周りにはクッション性を高め、柔らかな履き心地を実現した。もちろんソールのブリヂストンタイヤテクノロジーによるグリップ力も健在だ。前作を購入した多くのファンは、足元から感じる超軽量シューズの進化が必ず体感できるはずだ。

軽量シューズカテゴリは群雄割拠にある。NEW 「ゼロ・スパイク バイター ライト」が競合商品と一線を画すのは、あくまでゴルフシーンにおいて実戦力が追求されていること。軽さはもちろん、ゴルフシューズが本来必要するパフォーマンスを向上できるのが軽量シューズの先駆たる最大の強み。自信を持って衝動買いできる確かな信頼がそこにはあるのだ。

COLOR LINEUP

  • WN(白/紺)
  • WS(白/シルバー)
  • BK(黒)

NEW ZSP-BITER LIGHT

SPEC

  • ●素材/甲材:人工皮革×合成樹脂、底材:合成底(合成樹脂×合成ゴム)
  • ●サイズ/24.5〜28.0cm、29.0cm ※29.0cmはWN色のみ
  • ●重量/約265g(26.5cm片足)
  • ●価格/オープン(15,180円:編集部調べ)
ゼロ・スパイク バイター ライト
スペシャルサイトに戻る