効果的にヘッドがたわむ!飛距離モンスター「TOUR B JGR DRIVER」の底力 効果的にヘッドがたわむ!飛距離モンスター「TOUR B JGR DRIVER」の底力

ブリヂストンスポーツからニュードライバー「TOUR B JGR DRIVER」が登場した。

“飛距離モンスター”という刺激的なキャッチコピーが話題になっているが、そのポテンシャルはどんなものなのか。クラブコーディネーターの鹿又芳典さんと3人のアマチュアゴルファーが試打。性能を徹底検証した。

出球や弾道をイメージできる
安心感のあるヘッドデザイン

第一印象で感じたのは、とにかく構えやすいということ。クラウンのカラーに濃紺を使い、芝のグリーンとのコントラストでヘッドの存在を非常に感じやすいです。また、クラウンのデザインの効果もあり、アライメントがとりやすくスクエアに構えることができます。さらに、アドレス時にフェース面がしっかり見えるのも好印象。安心感があります。私は良いクラブの条件のひとつが、「アドレスしたときに出球や弾道のイメージができること」だと思っていますが、「TOUR B JGR DRIVER」はまさにそんなモデルです。

たわみ効果で抜群の打感&初速
オフセンターヒットにも強い!

実際に打ってみると、フィーリングの良さがあります。インパクトでヘッドがたわんでボールをつかまえてくれる手応えがあり、存在感のある打感が味わえます。この打感とたわみの効果もあり、初速のスピードも速くなっている感覚がありますね。弾道は高打ち出し、低スピンの一番飛ぶイマドキの球筋。力強い球でグングン前にいってくれます。特筆すべきはオフセンターヒットに強い点。フェース下部や左右に打点がズレても、芯でとらえたときと同じような弾道、飛距離になります。

“たわみ”を可視化して開発 
効率的に飛ばすテクノロジー

まさに“飛距離モンスター”のコピー通りの「TOUR B JGR DRIVER」ですが、飛びのエンジンになっているのがクラウン部のたわみです。最近は各メーカーがたわみを追求していますが、このモデルは“たわみ”を可視化し、研究した点が特長です。もっとも効果があるのがクラウンをウェーブ状にたわませることだそうです。そこでクラウンに「POWER SLIT」と「WAVE POWER SLIT」という溝を設けました。また、ソールの「BOOST POWER RIB DESIGN」で剛性を高め、クラウンの効率的なたわみを増大。前作比で約20%もたわみ量が増え、初速、打ち出し角、寛容性、打感がアップしています。